FC2ブログ

【 あるマゾヒスト作家の告白(6)】





@ri●●ku:
9月13日(土)大阪●●●プラスワンウエストで創刊ほやほやの雑誌「●●●●」プレゼンツ企画。俳優の●●●●●●●(VSキングギドラ)さん●●●●さん達と怪獣をテーマに話します。大阪の方よかったらお会いしましょう。
(※KR氏 アカウント:2014年9月8日ツイート)






……〝現代の奴隷〟は『社会で自立し生存する条件』を自らで整えなければなりません。

かつての奴隷制度の元、支配者の所有対象であった〝身分としての奴隷〟とはその点で明らかな違いがあります。


外見上、僕の身体は束縛されておらず、一見『自由』であるように見えます。しかしその『自由』には実態がなく、僕の精神は常に支配主によって雁字搦めに縛られているのです。

僕は、日々の生活で何をしようと、誰と何を話そうと、心の中では『奴隷の自覚』を常に持ち〝隷属下の自由〟なるものを感じ生きています。

おそらく現代の支配主様は、奴隷を常時所有することはお望みにならないでしょう。

だからこそ僕は、多くの〝精神的な奴隷たち〟がそうであるように〝隷属下の自由〟を得るため、外で労働しているのです。かつて黒人奴隷が強いられてきたような『本物の被支配』に憧れつつ、自立せざるを得ない日々を生きています。


恐らくそんな僕に必要なものは『心を縛る鎖』と『肉をえぐる鞭』なのだと考えます。その二つを交互に与えてくださるこのチャットルーム『劣等種 KRの性癖告白と調教経過晒し部屋』を用意してくだった事、日々感謝しながら生きています。




さて、これからトークイベントが始まります。




……今日、僕は身を引き締めます。




まどかさんは、予告どおり会場に来られるのでしょうか?

もちろんそれを止める権利は、僕にありません。それどころか、たとえ客席の まどかさんが僕の目の前にいたとしても、本人かどうかを確かめる術などないのです。

よくよく考えるなら、まどかさんについての情報は、今までチャットルームで交わしたもの以外は一切なく、容姿や本名、性別すらも全く知りません。

云わば、まどかさんと僕とでは『服を着てる人』と『何も着てない人』くらいの格差があります。精神的に裸のような状態です。

しかし僕は、まどかさんに全てを知られたい思いがあります。僕の本当の姿……〝劣等種〟の部分を知っている人に、生の●●●●(※KR氏実名)を見られたい。だから……



まどかさん、お待ちしております。



必ず会場に来て下さい。




……ああ。。




とうとう言ってしまった。




その機会を自らが作ってしまった。




どうしたらいいのか。。




いや、素直になろう。



逢いたい。。



見ていただきたい。。



僕の〝正体〟を知っている人に。



あさましくも貪欲なマゾである私は、どうしてもその欲望に抗えなくなるのです。。

 
  《※画像上:『靴下以外は全裸土下座』という滑稽なポーズで、まどかさんによる肛門ステッキ挿入に耐えているKR氏近影》



米国16代大統領エイブラハム・リンカーンが発布した〝奴隷解放宣言〟。その後、解放されたはずの奴隷らが、白人領主の元へ大挙して押し寄せ『また奴隷にしてください』と訴えたのだそうです。

……もう二度と戻れない奴隷としての日常。それに焦がれてしまう黒人奴隷の切なさ、狂おしさ。僕はそれを我がことのように理解します。

どんな繁栄や智慧より、一度知った麻薬的な〝隷属下の自由〟の味を、どうしても僕は求めてしまいます。いてもたってもいられず、独り叫び出したくなる夜があるのです。



…… 隷属したい。 



…… 支配されたい。



…… 身も心も浸食されたい。



…… 細胞の一つ一つまで、管理下に置かれたい。



…… もっと惨めに!



…… もっと切なく!



…… 堕ちます。



…… 僕をいじめぬいてください。



…… 僕の人格を潰して下さい。



〝劣等種〟KR = もしくは表の顔、●●理● は、苦痛と屈辱だけが生き甲斐なのです。





…… さて、そろそろ出かける時間です。



まどかさんにかつて提案された『マゾ化粧』を『奴隷の制服』に施して出掛けます。



これは今、初めて告白するのですが ……



まどかさんにこれを言われて以来、油性マジックで毎日それを書き直しています 。



……『奴隷』『劣等種』の文字を。



……身体の、一番染みる局部に。。




これからイベントに向かいます。


今、僕は歯をくいしばり、身を引き締めています。


〝あの頃〟のように、一歩 踏み出そうと思います。







…… では、 行って参ります。









■イベント名:
『●●●●の"ブレイン・●●●●●●"vol.2『怪獣●●論』』【 専門家らが怪獣・特撮を語りつくす!大阪でディープイベント第2弾!】

■内容:
著名な評論家であり、映画にも造詣が深く映画ベストテンの審査員も務める●●●●(※KR氏実名)さんをゲストに迎え、●●さんと、先日創刊した怪獣・特撮専門雑誌「●●●●」の編集長・●●●さんらが、怪獣映画、特撮映画について語りつくすという。『ゴジラVSキングギドラ』(1991年)のアンドロイドM11を演じた●●●●さんも登壇する!

■開催日程
9月13日(土)18時30分開場
19時30分開演

■料金
前売2,000円、当日2,500円
※ともに1オーダー(500円以上)が必要

■開催会場
●●●プラスワン・ウエスト
(大阪市中央区●●●●町2-3●●ビル3F、TEL 06-62●●-5●●1)




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

2 comments

非公開コメント